So-net無料ブログ作成
検索選択

聖観音立像 [仏像]

朝夕が冷え込むようになり、
秋の深まりを一層感じる季節になりました。

今回はこちらの作品をご紹介します。

聖観音立像 (花房壮一作・手ひねり)
046.JPG050.JPG
救いを求める人々の声を聴き、
その悩み苦しみによって姿を変え、救済するとされる観音様。
「聖」の字は、様々に変化する観音様の本来の姿であるという意味なのだとか。
一説によると、左手に持った蓮の蕾がわずかに開き始めているのは、
悟りを開き始めている事を示唆しているといいます。

こちらの聖観音立像も、左手に開き始めている蓮の蕾を持っていますが、
右手は印相を結ぶというより、差し伸べようとしている印象です。
また、瞳を半眼よりも少し開いて、見つめている様子をはっきりと表現することで、
目の前の助けを求める人に、今まさに救いの手を差し出す瞬間を
作品のテーマとしているようです。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。