So-net無料ブログ作成
検索選択

焼成した「福印」半纏の招き猫 [招き猫]


朝晩の厳しい冷え込みを忘れる程の
ポカポカ陽気の明るい庭を、
今日は鳥達が忙しそうに行き交っています。

今回はこちらの作品をご紹介します。

福招き (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1488245539990.jpgphoto_editor_1488245400176.jpg
半纏を羽織って右手を上げた招き猫。
半纏の背中には「福」の文字、その脇には太陽の力を宿すとされる
唐獅子の体にある聖獣のシンボル、「毛卍文」が入っています。

また、前掛けに施された今まさにお酒を注ごうと傾けられた徳利と
ぐい呑みは、お酒を酌み交わす人の和を連想させます。

右手を上げている招き猫は金運、幸運を招くと言われますが、
よく見ると、こちらの猫はその右手に何かを持っています。

高く上げた手に、どんな願いも叶える宝とされる如意宝珠を持たせ、
強い自らの意思で宝を引き寄せた瞬間を表現しているようです。

焼成した事で、何だか愛嬌が増した様な気がします。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。