So-net無料ブログ作成

古木に椿と木瓜 [花器]


今日はあいにくのお天気ですが、
薄墨色の空の下、霧雨に濡れた満開の桜もまた
風情があって良いものです。

今回はこちらの作品をご紹介します。

古木花入れ (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1491877499356.jpgphoto_editor_1491877564431.jpg

庭の陰にひっそりと、椿と木瓜が咲いていたので、
焼成した古木の花入れに活けてみました。

長い年月をかけて自然が作り上げて来たものには
人の想像を超える神秘的で魅力的なものが数多くありますが、

古木もその一つではないかと思います。

遥かな時間を生き抜いてきた逞しさ、
過ぎていく数多くの時代を見守り続けてきたという
壮大で神秘的なその魅力をモチーフとしながら、

そこに花を活けることで、生涯を終えた木が糧となり
次世代を担うものが花を咲かせるという、
脈々と続いていく命の力強さも作品のテーマとしています。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0