So-net無料ブログ作成
検索選択

遠い日に思いを馳せて [花器]


春の嵐が散らした花の後、やや寂しくなった枝に
ついこの間まで姿が見えなかった緑の葉が
みるみる生い茂るスピード感に圧倒されます。

今回はこちらの作品をご紹介します。

瓦型花入れ (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1492478512478.jpg
嵐を乗りきった小さな椿を
瓦を象った花入れに挿してみました。

この瓦の文様は、日本で一番最初に瓦製造された際の
瓦文様だとか。飛鳥の法隆寺で使用されたといいます。

長い年月を越えてきた様子を所々に施した石目で表現しながら、
作品のアクセントにしました。

古くから愛されてきた花を活けながら、
想像でしか辿り着けない程の遥か彼方、
でも確かに存在した時代に思いを馳せてみるのもまた、
楽しいものです。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。