So-net無料ブログ作成
検索選択

石目に勝虫 [花器]



突然の雨に空気が少々ひんやりとする中、
開花間近の桜の蕾を見つけました。
満開の春は、もうすぐですね。

今回はこちらの作品をご紹介します。

石目文様花入れ「勝虫」(花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1490687666291.jpgphoto_editor_1490687596741.jpg
トンボは後に退かず、前へ前へと飛ぶ様子から
勇ましく勝利を招くとして「勝虫」とも呼ばれ、
兜の前立てなどに用いられてきたという一説を
テーマとしています。

石目を施す事で模様を浮き上がらせ、
口に行くほど広がるフォルムは
大きく開けていく空と未来を表現したようです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焼成した童 [仏像]



昨夜から降り続く雨が渇いた庭を潤して、
新芽を出しはじめた木々が生き生きとして見えます。

今回はこちらの作品をご紹介します。

童 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1490063122273.jpgphoto_editor_1490063186448.jpg
笑顔が何とも愛らしい童。手を合わせ、何を祈っているのでしょう。
一説によると、古くから子供の純粋で無心な様子は仏教の信仰の対象とされ、
数多くの像が造られてきたと言います。

焼成したことで表情に奥行きが生まれ、
豊かで愛らしい印象がより一層強くなった気がします。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焼成した兜「菊」 [兜]


少しずつ寒さも緩み、小さな花を付けた梅が
まだ色の少ない景色に彩りを添えています。

今は梅が見頃を迎える季節ではありますが、
今回はこちらの作品をご紹介します。

兜「菊」 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1489461980058.jpgphoto_editor_1489461918874.jpg
古来、中国では菊は不老長寿の妙薬とされ、
最大の陽数が重なる事から縁起が良いとされる重陽に
菊の花を浸した菊酒を飲む習慣があったといいます。

この故事は平安時代に日本に伝わったとされ、
重陽の節句には菊酒や菊尽くしの料理を頂いて邪気を払い、
無病息災を祈る宮中行事となったのだとか。

こちらの作品は、兜にその菊をあしらいました。
また、前立て前面部分に入れた模様は水をイメージし、
古くから着物の柄に用いられてきた流水と菊の組み合わせを表現しています。

身を護る物であり、魔よけの象徴とされる兜に、
高貴で長寿や無病息災の意味を持つ菊、さらに
湧き出る事から活力が湧く、悪いことを流すという意味を持つ水を
掛け合わせたデザインとしています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焼成した親子亀 [亀]


春を知らせる、芽吹いたばかりの可愛い新芽が折れそうな程、
今日はとても強い風が吹き荒れています。

今回はこちらの作品をご紹介します。

親子亀 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1488855744356.jpgphoto_editor_1488855801188.jpg
古くから長寿吉兆を表すものとして愛されてきた亀。
特徴的な甲羅はその身を守る甲冑のような勇ましさがありながら、
亀甲文様として着物や帯などに美しくあしらわれ、
人々の幸せを願う気持ちを表してきました。

こちらの作品は、動きだそうとする親亀の背に小亀が登ろうとしています。
親子の微笑ましい様子を表現しながら、
長寿吉兆が代々続く事を願う気持ちを込めました。
また巨大な姿で天地を支える姿が描かれることもある亀の
堂々とした力強さが、焼成したことでより感じられる様になった気がします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。