So-net無料ブログ作成
検索選択
分福茶釜 ブログトップ

狐の分福茶釜 [分福茶釜]

暖かい陽気に誘われるのか、工房の近くに鹿やタヌキ、イノシシといった
動物たちの姿を見かけるようになりました。
タヌキといえば、幼い頃親しんだ「分福茶釜」のお話が思い浮かびます。

今回ご紹介するのは、そんな分福茶釜をモチーフとした置物ですが、
こちらは狐の分福茶釜です。
分福茶釜(花房壮一作・手ひねり)
DSCF1338 aa.JPGDSCF1341.JPG
分福茶釜のお話が、もともとは狐の恩返しのお話だったという説を
作品のイメージに取り入れているようです。
狐は豊作と商売繁盛の神様とされるお稲荷様のお使いとして古くから親しまれ、豊穣や富のシンボルとされていたという一面と、分福茶釜がその名前の通り、福を分け与える力が特に強かったとされる一説をテーマとしているようです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飛龍乗雲茶釜 [分福茶釜]

暦の上ではもう夏ですね。新緑がより一層輝き、勢いを増しています。
今回は、こちらの作品をご紹介します。

飛龍乗雲茶釜(花房壮一作・手ひねり)
DSCF1813.JPGDSCF1829.JPG
「飛龍乗雲」は英雄が時に乗じて、勢いを得るという意味があるとか。
富貴と財を招き邪気を払うとされる龍を、福を分け与える力が特に強かったとされる分福茶釜に合わせ、幸運を掴む瞬間をイメージとして表現しているようです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小さな分福茶釜 [分福茶釜]

早いもので、もう師走ですね。
今回はこちらの作品をご紹介します。

分福茶釜(花房壮一作・手ひねり)
DSCF2333.JPG
分福茶釜のお話が、もともとは狐の恩返しのお話だったという説を
イメージとして取り入れているこちらの作品。
狐は豊作と商売繁盛の神様とされるお稲荷様のお使いとして古くから親しまれ、
豊穣や富のシンボルとされていたという一面と、分福茶釜がその名前の通り、
福を分け与える力が特に強かったとされる一説をテーマとしているようです。
通常は大きく迫力を持たせ、魔を睨み、払うような雰囲気で制作するのですが、
小さな分福茶釜は微笑ましく、笑顔を誘うのではないか、との考えから
両手に乗せて少し余るほどの可愛らしいサイズで制作したようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焼成した小さな分福茶釜 [分福茶釜]

三寒四温の季節、冬の名残の中にも春を感じるようになりました。
今回はこちらの作品をご紹介します。

分福茶釜(花房壮一作・手ひねり)
DSCF2479.JPG
この作品は、分福茶釜のお話がもともとは狐の恩返しのお話だったという説を
イメージとして取り入れています。
狐は豊作と商売繁盛の神様とされるお稲荷様のお使いとして古くから親しまれ、
豊穣や富のシンボルとされていたという一面と、分福茶釜がその名前の通り、
福を分け与える力が特に強かったとされる一説をテーマとしているようです。
通常は大きく迫力を持たせ、魔を睨み、払うような雰囲気で制作するのですが、
小さな分福茶釜は微笑ましく、笑顔を誘うのではないか、との考えから
両手に乗せて少し余るほどの可愛らしいサイズで制作したものです。
力強くも愛らしい雰囲気は、白地の時とはまた違った印象です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
分福茶釜 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。