So-net無料ブログ作成

部屋に泳ぐ [鯉]

若葉が薫る爽やかな季節になりました。
今回は端午の節句にちなんで、こちらの作品をご紹介します。

鯉(花房壮一作・手びねり)
DSCF1803a.JPG
一説によると鯉は、その生命力の強さなどから長寿、吉祥の象徴とされたり、仙人の乗り物とされるなど特別な魚として扱われてきたとか。また、荒い滝の流れを乗り越えて龍になったという伝説から、逆境を乗り越えて立身出世を果たすイメージもあるといいます。

こちらの作品は、そんな底力を秘めた鯉の力強さと、美しい姿とゆったりとした貫禄ある泳ぎで観賞用としても愛されてきたという一面をテーマとして表現しているようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鯉に金太郎 [鯉]



一層鮮やかさを増す山々の緑を、
爽やかな風が優しく揺らして通り過ぎていきます。

今回はこちらの作品をご紹介します。

鯉金 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1493691282796.jpg
photo_editor_1493691345357.jpg
photo_editor_1493691396102.jpg
photo_editor_1493691476280.jpg
巨大な鯉にしっかりと跨がり、じっと前を睨む金太郎。

「鯉に金太郎」には諸説あるようですが、
幼少より正義感も力も人並み外れて強く、
後に坂田公時と名前を改め、源頼光の四天王となり立身出世を
果たした金太郎と、滝に挑んで昇りきると龍になるとされた鯉を
掛け合わせた縁起物として、江戸時代より愛されてきたモチーフだといいます。

こちらの作品は、男の子の健やかで逞しい成長を祈る
意味合いと共に、勢いに乗る鯉と、それを捕まえ
掴んで離さない気迫の金太郎が真っ直ぐ未来を見つめる様子を
イメージとして表現しています。


工房では次の窯焚きに向け、着々と制作を進めております。
準備が整いまして、また皆様にご覧頂ける日を楽しみに
日々作陶に励んで参ります。
次回の更新までしばらく間が空いてしまいますが、
ぜひご期待下さい。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遥かなる滝を目指して [鯉]



数日前まで秋の訪れを感じていたのが嘘の様な、
夏を思わせる暑さと陽射しに実りの時を迎えた稲が
黄金色に輝いています。

今回はこちらの作品をご紹介します。

鯉 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1507599954591.jpgphoto_editor_1507599999021.jpgphoto_editor_1507600033690.jpg

目を見開き、全身で流れを捉える鯉。

生命力の強さなどから長寿、吉祥の象徴とされたり、
仙人の乗り物とされるなど特別な魚として扱われてきたといいます。

鑑賞様としても愛されてきた優雅な姿からは想像もできない、
荒い滝の流れを遡って龍になったという伝説を持ち、
逆境にも果敢に挑む底力を感じさせるとても魅力的で不思議な魚です。

愛嬌も感じさせる表情とゆったりとした雰囲気の中に秘められた
強固な意思と躍動感を、作品のテーマとしています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

巨大鯉と大立ち回り [鯉]


今日は冷たく強い風が
木の葉を巻き上げて通り過ぎていきます。

今回はこちらの作品をご紹介します。

坂田怪童丸 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1512437222523.jpgphoto_editor_1512437309245.jpgphoto_editor_1512439761668.jpg
この作品は、歌川国芳が描いた浮世絵
「坂田怪童丸」をモチーフとしています。

江戸の昔から、男の子の健康と立身出世を
願う縁起物として愛されてきた金太郎伝説の
この一場面。

こちらの怪童丸、よく見ると笑っていて、
滝を昇って龍になるとの伝説を持つ鯉と
波飛沫を上げて取っ組み合う姿は何とも楽しそう。

巨大鯉を力で捩じ伏せる、というよりも
はつらつと、無邪気に笑って全力で遊ぶ子供の
可愛らしさや底知れぬパワー、可能性を
作品のテーマとしているようです。











nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感