So-net無料ブログ作成
検索選択

宝珠に辰 [干支]

吹き抜ける風が厳しい残暑を幾分和らげてくれます。
工房では、来年の干支である辰をモチーフとした作品の制作が進んでいます。
今回は、まだ白地ではありますが、その中の一つをご紹介します。

辰宝珠(花房壮一作・手ひねり)
DSCF1866.JPG







伝説上の生き物として唯一十二支に採用され、富貴と財を招き邪気を払うとされる龍。こちらの作品は、意のままに願いを叶えるとされる宝珠の玉に龍が浮き出て、吉祥到来を知らせ幸運を掴む瞬間をイメージとして表現しているようです。
無事焼成してまた改めてご紹介できる日を楽しみに、制作に励んでまいります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焼成した辰宝珠 [干支]

栗や柿といった秋の味覚がたわわに実っています。
工房も実りの秋を迎え、無事窯焚きを終え焼成した作品の手入れが進んでいます。
その中から、今回はこちらの作品をご紹介します。

辰宝珠(花房壮一作・手ひねり)
DSCF1989a.JPGDSCF1987.JPG
以前白地でもご紹介したこちらの作品は、
龍が「如意宝珠」に浮き出ている様子を表現しています。
一説によると、「如意宝珠」は地蔵菩薩や虚空蔵菩薩をはじめとする仏が持つ
意のままに願いを叶える宝なのだとか。
その「如意宝珠」に富貴と財を招き邪気を払うとされる龍が浮き出し、
吉祥到来を告げる瞬間を作品のテーマとしているようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2013年 巳年の「み」 [干支]

山々が少しずつ色づき始めました。
今回は白地ではありますが、近々焼成予定のこちらの作品をご紹介します。

巳(花房壮一作・手ひねり)
DSCF2289.JPGDSCF2288.JPG
「意のままにあらゆる願いを叶える」とされる如意宝珠を背景に「み」の字を描く蛇。
30年以上前、父・秀安が孫の成長と幸せを願って作った干支細工物を
このたび引き継ぎ、制作したものです。
無事焼成してまた改めてご紹介できる日を楽しみに、今は窯出しの時を待っています。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焼成した巳年の「み」 [干支]

落ち葉が風に舞い、朝はうっすらと霜が降りるようになりました。
今回はこちらの作品をご紹介します。

巳(花房壮一作・手ひねり)
DSCF2374A.JPG
「意のままにあらゆる願いを叶える」とされる如意宝珠を背景に「み」の字を描く蛇。
しっかりと焼き締められた表情は、白地の時とはまた違った印象を受けます。
来る年が幸多い年でありますようにとの願いも込めた干支細工物。
無事窯から出たときはホッといたしました。

こちらの作品は本日から開催されている備前陶芸美術館の催しに
多くの備前焼作家の皆様とともに出展させて頂いております。
もしお近くにお立ち寄りの際、お時間が許すようでしたらご来臨賜り、
ご高覧頂けましたら幸いです。

備前焼陶友会干支展
2012年11月27日~2013年1月27日
(財)岡山県備前陶芸美術館
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう一つの「巳」 [干支]

クリスマスのイルミネーションが華やかに街を彩っています。
早いもので今年もあと少しとなりました。
2012年最後の今回は、こちらの作品をご紹介します。

宝珠に巳(花房壮一作・手ひねり)
DSCF2291.JPG
如意宝珠に巻きつくように現れ、首をこちらに向ける蛇。
来年の干支細工物のひとつとして制作したものです。
こちらの作品は、「意のままに様々な願いを叶える」とされる如意宝珠に
古くから神様の使いともいわれ、縁起が良いとされる蛇が現れ、
吉祥到来を告げる瞬間を作品のテーマとしているようです。

まだまだ未熟な当ブログですが、皆様に支えられ、おかげ様で2年と9ヶ月が経ちました。
文才なく分かりづらいところも多々ある中、
お付き合いくださった皆様、本当にありがとうございました。
日々勉強を重ねながら、2013年も備前焼 花房の様々な作品や
作陶風景をご紹介できたらと思います。
来年も備前焼・備前細工物 花房壮一をどうぞよろしくお願いいたします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感