So-net無料ブログ作成

丸八の印半纏を羽織って [狸]


雨の多かった10月も、最後は気持ちの良い
秋晴れとなりました。

今回はこちらの作品をご紹介します。

狸 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1509426349547.jpgphoto_editor_1509425886797.jpgphoto_editor_1509426448281.jpg
下駄履きに、大きな印半纏を羽織った狸。

古来より愛嬌ある姿で描かれ、縁起物としても愛されてきた狸。
様々な地域に伝説が残り、木の葉をお金にして買物をするなど
人を化かして悪戯をする半面、困った人にお金を貸したり、
酔って山中に迷い込んだ人を案内するなど、
人々の生活の近くに存在し、命を落とした後も
祠が建てられ信仰を集めている例もあるといいます。

こちらの狸は、これからひと仕事しようとしているのでしょうか。
何か考えを持っている様な顔をして、
良く見ると手足は人の形をしています。

羽織った印半纏の背中には、大きな丸八。
末広がりで縁起の良い「八」でもありますが、
丸八は尾張徳川様の合い印。
狸ながらプライドを持ち、人の世界で命懸けで働く気迫が
本物であることをイメージとして表現しています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

焼成した印半纏の狸 [狸]

台風の影響もあってか、時折、強い風が雨粒を
窓ガラスに音を立ててぶつけています。

今回はこちらの作品をご紹介します。

狸 (花房壮一作・手びねり)
photo_editor_1530582008084.jpgphoto_editor_1530582104373.jpg
下駄履きに、大きな印半纏を羽織った狸。

古来より愛嬌ある姿で描かれ、縁起物としても愛されてきた狸。
様々な地域に伝説が残り、木の葉をお金にして買物をするなど
人を化かして悪戯をする半面、困った人にお金を貸したり、
酔って山中に迷い込んだ人を案内するなど、
人々の生活の近くに存在し、命を落とした後も
祠が建てられ信仰を集めている例もあるといいます。

こちらの狸は、これからひと仕事しようとしているのでしょうか。
何か考えを持っている様な顔をして、
良く見ると手足は人の形をしています。

羽織った印半纏の背中には、大きな丸八。
末広がりで縁起の良い「八」でもありますが、
丸八は尾張徳川様の合い印。
狸ながらプライドを持ち、人の世界で命懸けで働く気迫が
本物であることをイメージとして表現しています。

やや上を見つめる目線の先には何があるのでしょう。
想像してみるのもまた、楽しいものです。










nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。